ふと思った、次回作の場面がいくつか浮かんできたので。メモ程度にちょいと書いておきます。
今度の作品は、どうやら過去世とかそういう「縁」、過去世の開放とか未来世の開放とか、そういうオカルト的でもあり、SF的に時間軸を超えた話としても展開していきそうな気配。
「過去世療法」とかありますけど、そういう話っぽいんですが、もっと複雑な話になりそうです。
これ、ライトなラノベではもはやなくなりそうな感じもしますが。
気が向いたら書いていきます。
二次審査通過したので、ちょっと調子にのってきた感じです。

今日はとりあえず、「予告編」的な感じで、印象的な部分だけを書いてみました。
これらが本編でどういうふうにつながっていくのか?それともここに書いて満足して
「予告編だけで終わった小説」となるのか。

読んでイメージふくらませてみてくださいね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いつものコンビニから九州醤油味のポテチを6袋買って戻ってくると、
イズクモがリビングに立ち上がって言った。

「おぬしは、なんのために今、ここにおるのじゃ?」

びしっと俺を指差しているが・・・。

「は?お前にポテチ買ってきてやったんじゃないか。何を言いたいのだ?」

「そうではない。わしは主の真我に問うておるのじゃ」

いきなり訳のわからないことを言い始めやがったが、こいつもついに、アニメとかネットの情報に毒されてしまったのか。
やはりネットにはチャイルドロックをかけておくべきであったか。

あ、でもそれやったら俺もイヤラシイの見れんじゃん。


「ぬしの、表に出ておらぬ。無意識に問うておるのじゃ。いつもぼーっとしておるぬしがわからんのは当たり前じゃ」

「真我?無意識に問う?何それ。日曜朝の魔法少女が使う新しい技かなんかか?」

「ぬしがなぜわしと出会ったのか、今までの女子とであっておるのか。
それをこれから見ていかねばならぬ。これからは、今までのようにヌルイ指導ではなくなるぞ」

「いつお前に指導されたよ。というか、人との出会いは偶然だろ?」

「ぬしはそこにシタゴコロが入っておるがの」

「男子として当然。美人の先輩と、胸の大きな可愛い後輩が同時に手に入ると知れば、多少の無理は通すというものだろう」

「山江かな一筋ではなかったのか?」

「それはそれ、これはこれ」

「ふむ、まぁよい。ぬしの無意識をもう少し活性化させぬと話が進まぬようじゃな。
今のぬしではなんの役にも立ちそうにないわ」

「なんだよそれ。お前のためにいつもポテチ買ってきてやってるじゃないか」

「そういうことではない。わし一人についてではない。
人類全体に関わることじゃ」

「人類全体?」

「ぬしが気づかねは、その影響が人類全てに広がってしまう。故に、わしは主を指導することになった」

「ことになった、って。それよりもなにそれ?俺がなんかしないと人類がどうかなるわけ?」

「そうじゃ。ぬしが気づかぬと。この世界が崩壊する」

「はぁ?」

という事で、俺はイズクモの指導を受けることになっていったのだが。
過去世、別の時空にある「自分」とのつながり。そこで得られた学びと今の関係性。
そして、俺につながる「縁」によって構成されている世界のこと。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<一応新キャラ登場シーン>

「はじめまして、私は一年の湯ノ浦といいます。先輩は文芸部の人でしょう?ちょっとお話があるんですが、いいですか?」

目の前にいるのは黒髪ツインテールの美少女。つい胸元に目が行くが、それよりもこの少女は
足が美しい。そして、このギリギリの太ももライン。
ニーハイとスカートを短めにすることで現れる、この黄金比率。
なんと素晴らしい。

そもそも、女子と会話する機会なんてほぼないので、こんなに近くで足を観察することはないので、
足元からじっくりと鑑賞して脳内に静止画として記録する。


それから、「そうえいば、なんかこの子話してたな」と思い出して。
やっと話した言葉を思い出していった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ぬしらは今、ここにおるものだけが「おぬし」を構成しているものではない。過去の時代、わしはぬしとであっておる。そこの縁でわしは今ここにおるのじゃ。
ぬしは、なぜ今ここにおるのかや?」

「過去の時代?それって、いわゆる霊能者の言ってた過去世とかそういうことか?」

「ぬしらはそう言うが。わしらからしてみたら、全て同じ、同時に有るように見えるものじゃ」

「それ、よくわからんな」

「時間軸というものが、ぬしらの基準で作られているものでしかないということじゃ。わしらから見たら、その時代の主も今のぬしも、ぼーっとした感じがまったく同じで。
なんでこやつと縁を持ってしもうたのかと、いろんな意味で考えさせられるわ」

「なんだそりゃ。まぁ、よくわからんけど、その過去の俺と今の俺が何の関係あるんだ?」

「ぬしが過去に行った過ちを、今ここで開放する必要がある。
そして、同時に未来のぬしの流れをつなぎかえる必要もあるのじゃ。過去のほうは今までのメガネメイドと生徒会長でなんとかなるが。
未来は膝丈靴下のあやつとの関わりが重要になってくるのじゃ」

「まさに、わけがわからない状態だが。それって、俺関係あるの?」

「ぬしが全ての中心におるのじゃ。これからいうことをよく聞いて、わしの言うとおりに行動するのじゃぞ。少しでもタイミングが狂ったら。明日のぬしはここにおらぬ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

と言う感じで。
イズクモはまだ出てくるし、一応ロリっぽい新キャラも出てくる予定だったりします。
『願うと叶う~』でもちょっと書いてましたが。
「未来を見て今の行動を決める」
という話について詳しく書いていく感じになりますね。